「伊勢にいきたい伊勢路がみたい、せめて一生に一度でも」と 道中伊勢音頭にうたわれたように、江戸時代、伊勢参りは庶民 の夢でした。
  全国津々浦々から伊勢参りに向かう人々、特に 慶安3年(1650)・宝永2年(1705)・明和8年(1771)・文政13 年(1830)・慶応3年(1867)の『おかげ参り』には全盛期を迎え、 多い時には半年間で約458万人の参宮者があったと記録されて います。
  古市は、川柳に『伊勢参り大神宮へもちょっとより』とうた われたように、往来で賑わうにつれ、参宮を済ませた人々の精 進落としの場として、江戸の吉原・京の島原と並ぶ三大遊廓の ひとつに数えられました。また、妓楼・油屋でおこった殺傷事 件「油屋騒動」は歌舞伎の題材となって有名であり、さらに、 当地で行われた伊勢歌舞伎は、かつての松本幸四郎・尾上菊五 郎らが来訪するなど役者の登竜門といわれました。
  千束屋は『東海道中膝栗毛』の弥次・喜多の図にもみられた 妓楼(旅館)でしたが、後に貸衣装屋に転じ、伊勢歌舞伎を支え ました。唯一現存する麻吉、昭和40年代まで存在した大安など も古市を代表する旅館であります。
  その他、お紺の供養墓のある大林寺、千姫の菩提寺であり 画僧月僊が住職であった寂照寺、天細女命を祭神とする長峰 神社(俗称おすめさん)、松坂の朝田寺・関の地蔵院と共に 三大地蔵といわれた中之地蔵院跡、現存する桜木地蔵などがあ ります。
  耳を澄まば、聖地を目前にし心弾ませる人、無事念願を果 たし、土産話を胸に遠い故郷に心馳せる人の喧騒が聞こえてき そうな古市参宮街道。これらの文化遺産は、往時の古市の姿を 語っているようです。