トップ 宿泊プラン予約 イベント情報 民宿しま紹介 島のみどころ アクセス カズ ブログ

【みどころ】 新発見答志島
答志島の概要などを紹介します。島に訪れる前に少し勉強しておくと違う答志島が楽しめて、
かなり旅行が充実すると思います。また、鳥羽周辺のも紹介します。

答志島の概要

面積 6.98ku 答志町 356世帯
周囲 26.3km 和具町 153世帯
世帯数 770世帯 桃取町 261世帯
人口 2981人 平成12年国勢調査
■ 答志島の生活基盤は、漁業従事者が80%を占め、観光業・公務員等、間接的には住民の全てが漁業生産の影響を受けて生活しています。町内の行事は漁業組合・青年団等によって運営され住民が住民が強い結びつきを持って毎日の生活にいそしんでいる事は、離島としての特殊事情を克服して、独自の生活様式も生み出しています。その一つとして「寝屋子」という制度があり、昔と生活様式の全く変わった現代にも、その制度は多少の変化があったにせよ、脈々と受け継がれ現在は鳥羽市の有形文化財に指定されています。

遊歩道のポイント詳細

九鬼嘉隆首塚(築上山遊歩道) 九鬼嘉隆胴塚(築上山遊歩道)
九鬼水軍・九鬼嘉隆が1600年関ヶ原の戦いに敗れ、島内洞仙庵にて自害し首を葬った墓で、小高い山にあり鳥羽湾を望む絶景ポイントの一つです。また県の文化財に指定されている。
九鬼水軍・九鬼嘉隆が1600年関ヶ原の戦いに敗れ、島内洞仙庵にて自害し胴を葬った墓で、五輪塔が建てられている。首塚同様県の文化財に指定されている。
希望の丘(築上山遊歩道) 岩屋古墳(岩屋山遊歩道)
築上山遊歩道の東側に位置し、太平洋の絶景を楽しめます。ここに、しゃもじに願い事を書き、吊るしておくと願い事がかなうといわれています。しゃもじは各宿泊施設で求めることができます。
山頂約80mにある円墳で、横穴式石室がほぼ完全な形で残っています。直径22m、高さ2.5mの石組みの古墳で天井には大きな6枚岩がある。市の文化財に指定され現在遊歩道を整備中である。

美多羅志神社(岩屋山遊歩道) 潮音寺(岩屋山遊歩道)
里の産土神(子宝の神)で神社の祭神は八柱の神々である。正月4日には古式豊かな獅子舞神事が行われます。また、妊娠中にアワビをおそなえしお参りすると目のきれいな子供が生まれるといわれています。
西暦834年に建立。1150年以上経っており、平安・室町時代の仏像が安置され、注目されています。

八幡神社 西行法師歌碑
島の守護神である。旧暦1月18日には弓引神事(豊漁際)も行われます。島民は「八幡さん」と呼び大変慕われている神様です。
柿元人麻呂の詠んだ「釧著く答志の崎にけふもかも大宮人の玉藻刈り羅む」(万葉集巻第一)の歌碑も有ります。
「さきしまの小石の白を高波の答志の浜にうち寄せてける」と刻まれ、答志の島には白色の石が敷き詰められていると詠んだ短歌である。西行は平安末期から鎌倉前期の僧歌人。(山下集下巻)

答志島の祭り

◆島民行事◆
■1月2日 船祭り・大漁祈願 ■7月14日 天王祭・巨大七夕が立つ
■1月4日 祷屋際・獅子舞奉納 ■8月13〜15日 盆行事
■1月子の日 ねぎの火をたき餅を食う ■10月20日 えびす講
■2月3日 節分・あらくさいわし ■11月5日 山の神さん
■旧1月17〜19日 八幡神社大漁祈願祭 ■11月14日 だいし講・だんごを作る
■5月5日 しょうぶ節句 ■12月5日 なまこ海女の解禁
■6月15日 祷屋際・子供みこし ■12月8日 ねこも三文
■7月1日 海女漁解禁 年の暮れ 餅つき・しめ縄作り


答志島で家族で経営している民宿旅館です。
伊勢志摩・鳥羽・答志島・民宿旅館しま−「伊勢海老ならおまかせあれ。」離島で獲れた新鮮素材を堪能して下さい。
『民宿しま』は、答志島の味と人情を堪能して頂だき、心温まるご旅行になりますよう願っております。
517-0002 三重県鳥羽市答志町426-2 民宿旅館しま  予約電話 0599-37-2284