伊勢市制施行10周年記念 平成27年度 前期 特別企画展
「神都画人(磯部百鱗とその弟子たち)展」



期間  4月8日(水)~ 5月6日(振休)午前9時~午後4時30分
    (毎週月曜日と4月30日(木)は休館、ただし5月4日は開館)
内容  掛け軸・錦絵などの展示

 伊勢は、古くから神宮の門前町として全国各地から参拝者が訪れ、さまざまな文化が生まれました。 そのため、画壇(画家たちの社会)においても、狩野派・四条円山派・浮世絵派・南画派など多種多様な画人が育ちました。 その中でも、広く受け入れられ、後代まで受け継がれたのが四条円山派です。
 今回は、伊勢市制施行10周年を記念し、四条円山派の神都画人・磯部百鱗とその弟子たち(伊藤小坡・中村左洲・橋本鳴泉ら)を取り上げた特別展を開催します。




近世の伊勢画壇について
  近世においては、京都や江戸のような画壇の中核都市が固有の画派を生み自律的な伸展を示したのに対して、多くの地方都市は中核都市から種々の画派を移植することに努め、その結果、いわば他律的にいくつかの画派が併存するかたちをとることが多かった。近世の代表的な画派は、狩野派・南画派・円山四条派・長崎派などであるが、これら近世画壇を構成する主だった画派は、伊勢においても移植され、多くの画人を育てた。
  その多様ぶりは、一地方都市としては他に例をみないほどであるが、この多様性こそが、近世伊勢の画壇の特徴を成しているといえよう。これは、神宮の門前町としての性質が、各地から来訪する多種多様なひとびとの交流を促したことと無関係ではないであろう。
  本項では、狩野派・南画派・円山四条派・長崎派など伊勢に育った各画派の画人を、京都や江戸など画壇の中核都市との関連性の中で再認識するという視点で記述することとしたい。

狩野派(かのうは) [説明]


南画派(なんがは) [説明]

円山四条派(しじょうまるやまは) [説明]

磯部百鱗(いそベ ひゃくりん)作品 [説明]



伊藤小坡(いとう しょうは)作品 [説明]


橋本鳴泉作品 [説明]


中村左洲作品 [説明]