本文へスキップ

三重県神社庁は、神社本庁包括の三重県内817神社の事務を取り扱っています。

TEL.059-226-8042

〒514-0005 三重県津市鳥居町 210-2

三重県神社庁


ようこそ!三重県神社庁のホームページへ…


 神社本庁包括の神社は、全国に約 80,000社あります。そのうち、三重県には 817の神社が鎮座しています。
 みなさんも 折に触れ 四季折々 お近くの鎮守の杜を訪ねてみませんか?    





 「時局講演会」を開催いたします!
弁護士でタレントの ケント・ギルバート先生をお迎えし
時局講演会を開催いたします。

期日:5月29日(月)
場所:神宮会館・大講堂  伊勢市宇治中之切町152
              0596-22-0001
時間:14:00~ 開会行事(国歌斉唱・主催者挨拶)
   14:15~ 講 演(約90分)
   15:50頃 閉会行事~解散

※ 入場は無料です。
※ お問い合わせは、お近くの神社か三重県神社庁(℡ 059-226-8042)へお願いします。
※ お車でお越しの方は、神宮会館駐車場をご利用ください。ただし、台数に限りがありますので、乗り合わせ等のご配慮をお願い致します。
※ 詳しくは案内チラシをご覧ください。 ➡ 


   教化特集号23号(H27.6.30)まで掲載しました。

祝日・祭日には「国旗」を掲げお祝いしましょう!







5月21日 小満(しょうまん)



万物が充満し、草木枝葉が繁る季節。

      
  


6月5日 芒種(ぼうしゅ)



麦などの穀物の種をまく頃。

      
  


6月21日 夏至(げし)



昼がもっとも長く夜が最も短くなる日。

      
  


7月7日 小暑(しょうしょ)



暑さが厳しくなる日。

      
  


7月7日 七夕の節供(しちせきのせっく・七夕まつり)


織姫と彦星が年に一度だけ天の川に橋をかけて会うことが出来るという星祭の言い伝えで親しまれています。
古くは、食物の成長を神さまに感謝する収穫祭と、お盆に祖先の御霊をお迎えする前に棚機女
(たなばたつめ)と呼ばれる娘が御霊の衣服を織り、棚に供え村のけがれを祓う行事でした。そこに中国から星祭の風習が入り、笹竹に願いを書いた短冊を結びつけて祈る・・・という行事へと変化しました。
                
      
  

ビルダークリニッ