本文へスキップ

三重県神社庁は、神社本庁包括の三重県内816神社の事務を取り扱っています。

TEL.059-226-8042

〒514-0005 三重県津市鳥居町 210-2

三重県神社庁


ようこそ!三重県神社庁のホームページへ…


 神社本庁包括の神社は、全国に約 80,000社あります。そのうち、三重県には 816の神社が鎮座しています。
 みなさんも 折に触れ 四季折々 お近くの鎮守の杜を訪ねてみませんか?    







まもなく新しい年を迎えます!
来る年、平成31年は「己亥」(つちのとい)年です。新年を迎えるにあたり、神宮大麻(じんぐうたいま=伊勢神宮のお神札)と
お住まいの地域の氏神神社のお神札をおまつりし、今年一年の無事を感謝し翌年の健康、安全をお祈りしましょう。
↑ 大きな画面が開きます。


奉祝!「御代替わり」(みよがわり)
天皇陛下が皇太子殿下に皇位をお譲りになられます。
  新しい時代へ「御代替わり」

4月30日、天皇陛下は御譲位遊ばされます。
天皇陛下が皇太子殿下に皇位をお譲りになり、天皇陛下は上皇となられ、皇太子殿下が新たな天皇陛下となられます。
これを「譲位」(じょうい)といい、光格天皇が仁孝天皇に譲位されて以来、約200年ぶりのこととなります。
天皇陛下の御譲位を広く国民に明らかにするとともに、陛下が御譲位前に、最後に国民の代表者に会われる儀式「退位礼正殿の儀」が、皇居の宮殿で行われます。
平和で豊かな我が国を願い、御代替わりを国民挙げてお祝いしましょう。
 ↑ 大きな画面が開きます。


   教化特集号23号(H27.6.30)まで掲載しました。



祝日・祭日には「国旗」を掲げお祝いしましょう!

       ・平成31年(5月1日からは新元号元年)の「国民の祝日」一覧表は
                             コチラ 









12月22日 冬至(とうじ)





夜が最も長く、昼が最も短い日
      
  


12月23日 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)



第125代の今上陛下(現在の天皇陛下)のお誕生日です。平成元年に定められました。




  


1月1日 元旦(がんたん)


年の初めに年神さまを迎えもてなすことが正月行事の中心です。
門松を立て、鏡もちやお神酒をお供えし、氏神さまやその他の神社へ初詣に行きます。

          
      
  


1月6日 小寒(しょうかん)



寒の入り、寒風や降雪が激しくなる頃
                             
      
  


1月7日 人日の節供(じんじつのせっく)・七草の祝い


七草粥は有名ですよね!古く中国では、正月の七日に人を占うという習慣があったことから、「人日の節供」と呼ぶようになったそうです。
日本では、この日に若菜を神さまにお供えしていましたが、中国では”人日”に七草のお吸い物を食べて無病息災を願う風習があり、それと重なって”七草粥”を食べるようになったそうです。
七草粥には、寒い季節を乗り越えて芽を出す若菜の力強さにあやかりたいとの願いが込められています。
      
  


1月14日 成人の日(せいじんのひ)




大人になったことを自覚し責任ある立場となったことを喜び励まし祝う日です。

      
  


1月20日 大寒(だいかん)



寒さが最高に達する日


      
  

ビルダークリニッ