本文へスキップ

三重県神社庁は、神社本庁包括の三重県内817神社の事務を取り扱っています。

TEL.059-226-8042

〒514-0005 三重県津市鳥居町 210-2

三重県神社庁


ようこそ!三重県神社庁のホームページへ…


 神社本庁包括の神社は、全国に約 80,000社あります。そのうち、三重県には 817の神社が鎮座しています。
 みなさんも 折に触れ 四季折々 お近くの鎮守の杜を訪ねてみませんか?    





三重県神社庁「教化委員会」がホームページを開設しています!   三重県神社庁「教化委員会」HP   
  各神社の教化活動や、特殊神事、行事などを中心に紹介しています。

  現在は、南勢地域の神社を紹介していますが、県内全体に広げていく予定ですので、どうぞご覧ください。
  南勢牟婁地域の全神社が掲載されました。

三重県神社庁「教化委員会」と皇學館大学現代日本社会学部の「神社検索システム研究会」が共同で制作した
 
 「三重県の神社検索」  が、出来上がりました。
   住所や神社名、御祭神等任意の単語から神社の検索ができます。

   教化特集号23号(H27.6.30)まで掲載しました。

祝日・祭日には「国旗」を掲げお祝いしましょう!

スポーツの試合の時などは、国旗が高々と掲げられていますが、国民の祝日や氏神さまの祭礼の日なども、国旗を掲げてお祝いしましょう。

三重県神社庁では、「国旗掲揚」の推進運動をしています。








8月23日 処暑(しょしょ)



暑さも終わり涼風が吹く頃


      
  


9月7日 白露(はくろ)




野や草に霜が降りる頃


      
  


9月9日 重陽の節供(ちょうようのせっく)



中国の思想で、縁起のよい陽数(奇数)の最大値である9が重なることから”重陽”と呼ばれ、めでたい日とされてきました。
中国の「この日に高い所に上り菊酒を飲めば災いが避けられる」との故事が日本に伝わり、宮中では菊の花びらを浮かべた菊酒をいただく節会が開かれます。
家庭で特別な行事を行うことは少なくなりましたが、この時期になると各地で菊まつりや菊花展が開かれています。


      
  


9月19日(旧9/15) 敬老の日(けいろうのひ



長年社会に尽くしてきたお年寄りを尊敬し、長寿を祝う日です。

聖徳太子が身寄りのない病人や独居老人たちを救うために設けた救済施設(ひでんいん)の設立の日と伝えられています。
      
  


9月22日 秋分の日(しゅうぶんのひ)




春分の日と同様祖先を敬い亡くなった人を偲びます。

宮中では「秋季皇霊祭」が行われ、家々では前後3日間をお彼岸といいお墓参りなどをして祖先をおまつりします。

また萩の花が咲く頃にちなんで、おはぎを食べます。


      
  


9月22日 秋分(しゅうぶん)





秋のお彼岸の中日。

昼と夜が同じになる頃


      
  

ビルダークリニッ